Sound Box

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 はい、先週の金曜日は新年、1発目の仕事でした。
 作品としては本当に難しい感じ。

 アメリカの政治の話なので・・・今回も前回呼んでもらった時と同様に外国の大使的な役。
 シーンと、喋る量で言えば、1シーンしか出ないので少ないんだけども・・・前回よりも役割は大きい?って感じ。
 いや・・・大きいというか、自分達の会話が後々のシーンで背景として必要になって来る感じ。

 メインさんがあわてて対応をしていくんだけど、その発端となるのは俺が出てるシーンで、俺とか、俺の部下の役の人が言った事が問題だ~ってなるわけ。

 なので・・・見てる人がそれを覚えてなかったら・・・後々、メインさん達が何をあわててるのか・・・わからなくなっちゃうわけだな・・・これが><

 って思ってやってたら・・・まぁ、最近はいつでもそうなんだけど・・・心臓がも~胸を内側から叩く叩く!
 鼓動がでかすぎて破裂するんじゃないか・・・ってくらい緊張してた><

 まぁ・・・・相手役も・・・ベテランばっかりだしねぇ・・・。
 ただ・・・ベテランさんはさすが!って感じで・・・セリフを聴こうとしなくても・・・聞こえてくる。

 アテレコに限らず、芝居において、相手役のセリフを聴くっていうのは、同時に聞いて何かを感じるって事で・・・普段生活してたら当り前のようにしてる事なんだけど、いざ、お芝居でやろうとすると、なかなか聞けないものなんです。
 アテレコの場合は片方の耳は原音を聴いているので、レシーバーでふさがってるわけです。
 なので・・・さらに聴きづらくなるわけですね。

 でも、しっかり届いてくる。
 決して、声を大きくだしてるわけでもないし・・・特別な事をしてるってわけでもないんだけど・・・技術だねぇ~。

 俺のセリフはちゃんと届いているのかなぁ~。
 そんで、今週の木曜日は又、別の仕事。
 出かけてスタジオは一緒なんだけどね^^;

 こっちも、こっちで・・・前回は一言と・・・後は唸ってただけなんだけど・・・今回は1シーンでました。

 ちょっと悪そうな役柄だったので・・・それを意識してたのと・・・こっちも、こっちで・・・・俺と相手役の会話があと後で生きてくるっていう感じでした。
 ドラマとしては・・・まぁ、俺が出てるシーンを忘れられちゃったとしても・・・まぁ、なんとかなるんだろうけども・・・ドラマをさらに面白くするっていう意味では・・・やっぱり覚えててもらった方が面白い。

 と・・・いう事は・・・・俺の役目は・・・・覚えておいてもらえるようにしないといけない!って事だ~。

 しかも、ちゃんとお芝居としてね!

 これが結構、難しい。
 こっちもこっちで・・・緊張しました><

 ダメ出しで・・・キャラを現場で変えたら・・・・ちょっと弱気な感じになっちゃって・・・自分でも「しまった!」って思ってたら・・・やっぱり言われてしまいました・・・。

 その後、直してやったら・・・OKが出たんだけど・・・大丈夫だったのかなぁ?
 1回でOKだったから・・・大丈夫だと思うんだけども・・・。

 まぁ~~~役の役割が少しづつでも大きくなって行くのはいい事なんだけど・・・その分緊張も増していきますな~。
 がんばろ・・・・
 
スポンサーサイト
mixiのニュース記事を見てたらこんなのを発見。
娘をハンディカムで録ってる親父を疑似体験できます。

あんまりたくさん残せなかったんだけど、何度もやるもんじゃないかも・・・と、思ってそのまま。
でも・・・なんかいいっす、これ。

自分は結婚してないし、当然子供もいないけども・・・姪っ子を想像してたら・・・泣きそうになっちゃった^^;
自分の子じゃないのにねぇ・・・。


新年あけました。
今年も色々あるでしょうけど、また1年頑張っていきましょうかね。

去年はちょっときっつい1年でしたけど、仕事としては少し前進した感じはしました。
今年はさらに前進して行けるように頑張っていかなければ!
レギュラーとか取ってみたいなぁ。

まぁ、レギュラーは当面の目標でもあるんだけどね。
きっと、レギュラーを取ったとしても、ずっとこの目標は続くんだろうなぁ。

それでも、やっぱり当面はレギュラーとか番組レギュラーとかは目標でありますね。

そんでもって、去年末に発売された「バイオハザード:ディジェネレーション」に少し出てます。

よかったら見てみてください^^;
しかし、どうやらレンタルは無いようなので・・・買うしかないみたいですけど・・・・。

それ以外にも韓国映画とかにもでてたりしますが^^;

アニメももっとやりたいなぁ~。

というわけで、今年もよろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。